相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ相続相談室
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口


神奈川県に住む加藤トキさん(仮名:72 歳)には2人のお子さんがいらっしゃいました。長男(50 歳)は東京で家族と暮らし、子供もいます。月に数回孫をつれて遊びに来ます。嫁いだ長女(45 歳)は、転勤で北海道に住んでいるため、会うのは年に一回ぐらいでした。

そんなトキさん家族に突然の不幸が。加藤トキさんが亡くなられました。相続されるのはもちろん長男と長女の2 名のみ。

「父が亡くなったときに相続税は発生しなかったし、母が亡くなっても当然、相続税は出ないと思っていました。が、今回の改正もあるし、いろいろ調べてみると…」

今までなら…




相続税では財産額から一定の金額を控除することができます。控除した結果、財産額がゼロになると相続税がかかりません。






何もしなかった結果…





相続税対策1

そうすることにより土地の評価額を 4,000万円×20%=800万円に引き下げることができます。これを小規模宅地等の特例といいます。この制度を使うことで、財産額が計3,800万円となり、控除額を下回るため、相続税がかからないのです。
実は平成22年以前は、この小規模特例制度が簡単に使えたたのですが、22年の改正で大幅に適用が制限されています。


相続税対策2

法定相続人が受け取る死亡保険金のうち「500万円×法定相続人の数」については、相続税が非課税になります。今ある預貯金のうちから1,000万円を使って生命保険に加入すれば、相続税の課税価格を1,000万円減らすことができ、現在判明している以外の財産の存在が発覚した場合の対策になります。


相続税対策3

お母さんが老人ホームに入っても自宅を空き家のままにしておき、相続が起こってから売却される方がいらっしゃいますが、その家に住んでいた人が存命中に自宅を売却してしまった方が税金面では有利です。
まず、売却時の所得税の計算については、母が売却すれば、売却時の譲渡所得から3,000万円まで控除ができ、さらに税率も軽減される可能性があります。
また、自宅を現金化することで資金に余裕ができ財産の移転が容易になるため、生前贈与などの対策も取りやすくなります。


相続税対策4

母のマンションが都内にあるということで…
・マンションは一戸建てに比べ評価額がさがり、相続評価額が圧縮できる。
・特にタワーマンションの上層階は時価に比べて評価額が割安!
・相続後も現金化しやすい。
・相続後そのまま賃貸に出すこともできる。
・便利な場所であれば、長男も生前中の同居を検討しやすい。
・都内や駅の近くだと子供や孫が遊びに来やすい。
など、いろいろな面で可能性の幅が広がります。


上記は対応策のほんの一部にすぎません。家族の状況、財産の状況、その時の時代の状況、税制の状況により対応策は大きく様変わりするのです。






① 財産額を把握する。土地
② 財産額を把握する。建物
③ 金融資産を把握する。生命保険も対象です。
④ 意外なものも相続財産になる場合があるので、注意しましょう。



対応策① 地道に生前贈与を行っていく。
対応策② 誰が財産を取得するかを検討する。
対応策③ 生前中に同居などを検討する。
対応策④ 住宅取得資金などを贈与する。
対応策⑤ 土地の評価が引き下げられるか検討する。
対応策⑥ 生前中に財産を売却しておく。
対応策⑦ 納税資金を用意しておく。


監修:PRIK税理士法人


メールで相談する