相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ相続相談室
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口


 相続放棄とは、被相続人(故人)の残した財産や借金を「引き継ぎません」と宣言することです。家庭裁判所に対して「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に申し立てをする必要があります。
 遺産には不動産や現金などのプラスの財産もあれば、借金などマイナスの財産も含まれます。極端な場合、遺産は借金のみということもあります。これでは相続人に得なことはなくあまりに酷な話です。そこで法は相続放棄という救済措置を設けました。相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになります。プラスの財産を引き継がないかわりに借金を払う必要がなくなるのです。
 それ以外でも、他の相続人と遺産分割協議をしたくない場合や、煩わしい相続手続きから解放されたいと考えている方にとっても、相続放棄は有効な手段となり得ます。












 このページのトップへ

まず3ヶ月の起算点を明確にしておきましょう。

これは「自己のために相続の開始があったことを知った時」です。少々ややこしい表現ですが決して「死亡日」ではない点に注意しなければなりません。死亡日から3ヶ月すぎても相続放棄はできますので落胆しないでください。

さて「自己のために相続の開始があったことを知った時」から数えても3か月を経過してしまったケースですが、相続放棄が認められるかは案件によりけりです。こうした場合、期間内に相続放棄の申し立てをできなかったことについて「相当の理由」があると裁判所が認めた場合にのみ受理されます。

「相当の理由」にあたるかどうかを判断し、その上で「相当の理由」があったことを裁判所に分かってもらうような書類を作らなければなりません。



 このページのトップへ

最初から全員で相続放棄することはできません。

相続権には順位があり、第一順位の者が相続放棄をすると後順位の者に引き継がれます。第三順位までありますが一斉に相続放棄することはできません。順次していくことになります。

そもそも相続放棄は単独で行うという法的性質があり、他の相続人と共同で放棄するというものではないのです。



 このページのトップへ

プラスの財産は相続するけど、借金は相続しないということは原則できません。「すべてを引き継ぐか」「すべてを相続放棄するか」しかないのです。

限定承認という手続きがありますが、種々の問題から実用が難しいのが現状です。



 このページのトップへ

これをやってしまうと相続放棄ができなくなってしまう「法定単純承認事由」というのがあります。以下列挙しますので相続放棄の検討段階の方は注意してください。

・相続人が相続財産の一部、又は全部を処分したとき
・自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月経過しても限定承認も相続放棄もしなかったとき
・相続財産の一部または全部を隠匿し、私にこれを消費しまたは意図してこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき(相続放棄後にこの行為をした場合を含む)


簡単に言うと相続財産を引き継ぐと見せかける行為はしない方がいいということです。






今すぐ手早く!電話で解決へ!

まずは気軽にメールで解決へ!

相続税診断 相続トラブル可能性診断 遺言必要性診断 お見積ご相談