相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ相続相談室
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

法定相続とは


財産のある方が、遺言せずに亡くなると、その財産は民法により、決められた相続人へ、決められた分が渡ります。
これを「法定相続」といいます。

しかし、遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能です

遺言書とは、亡くなった方の意思を表すことができる公的文書です。
ですから、遺言書によって財産を誰にいくら相続させるのかを、被相続人が自由に決めることができます。
ただし、この場合、遺言書が相続人の遺留分を侵害する、というトラブルが生じるケースもあります。

法定相続人

遺言書がなく被相続人が亡くなると、法定相続では以下のように決められています。

配偶者は常に相続人

直系尊属は、子がいない場合の相続人

兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人



法定相続分

「法定相続分」とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。
ですから、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。
遺言書は、亡くなった方の自由意志を反映させるものですが、後々もめないようにするには、作成時にまず参考にされるべきものが法定相続分なのです。 


法定相続人の順位または割合

順位 法定相続人 割合
子と配偶者 子=二分の一 配偶者=二分の一
直系尊属と配偶者 直系尊属=三分の一 配偶者=三分の二
兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=四分の一 配偶者=四分の三

今すぐ手早く!電話で解決へ!

まずは気軽にメールで解決へ!

相続税診断 相続トラブル可能性診断 遺言必要性診断 お見積ご相談