相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ相続相談室
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

ほむにこ相続相談室の特徴


◆チーム『ほむにこ』

「だれに何を相談していいかわからない」
相続問題は専門家であってもひとりで解決できるような単純なものではありません。
例えば不動産登記は司法書士、相続税は税理士、年金手続きは社会保険労務士、と個別に専門家が必要になります。
裁判を要するような争いが起きれば弁護士が必要になるかもしれません。 

病院を想像してみてください。
主治医の他にも必要に応じて、他の医師・検査技師・薬剤師・看護師などがチームとして治療にあたりますよね。
相続問題への取り組みも同じことです。
ほむにこ相談室は、専門家がチームを組んで成り立っている相続の総合病院なのです。 

「だれに何を相談していいかわからない」
『ほむにこ相談室』なら専門家チームが総合的に診断していくので、このようなお悩みからでも解決に導けるはずです。
まずは質問してみる。
そこからはじめましょう。 


◆無料相談には理由がある

「どんな手続きが必要なのか」
「何から手をつければいいのか」
実のところ私たちにも具体的に案件を見ないことにはどの手続きが必要かわかりかねる部分があります。
相続は案件によって実に様々なのです。 

ですから、まずは無料相談にてお話を伺うことがスタートとなるのです。 

無料相談を経て、私たちがお手伝いできることをご説明し、納得していただいたうえで正式にお引受けしたいと考えております。
私たちが何をお手伝いできるか分からない状態で報酬をいただくことはできません。 

また、無料相談の場というのはみなさまが「信頼できる専門家かどうか」を測る場でもあると考えています。
いきなり初対面の人間に対して、たとえそれが国家資格を有する専門家といえども、重要な案件である相続問題を任せられるでしょか。
これらのために無料相談が必要なのです。 


◆手続きに漏れを許さないための地図とスケジュールの提示、安心を手に入れるということ

相続手続きは100種類にも上ります。
すべての手続きを同時に行うことはできません。
中には期限付きの手続きもありますから闇雲に行うのではなく、しかるべき順番を知る必要があるのです。

私たちは相続手続き完了へのよりよい「地図」と全体スケジュールをご提示し、みなさまが迷子にならないよう安全で確実な「道」へと誘導します。 

さらに『ほむにこ相談室』では複数の専門家が1つの相続案件に携わりますので、手続きに漏れをつくることはありません。
膨大な相続手続きの中で今いる位置、するべきことを常に把握することが可能となりますので、「安心」を手にいれることもできるのです。 


◆肉親の死に触れること、自分の人生を見つめ直すとき

ご家族を失われても、悲しみに寄り添うことなく追われるように葬儀の準備をこなしていく。
葬儀を終えられた後、遺族のかたにとって「お疲れ様でした」という言葉が一番合っていると聞きます。
しかし相続手続きはここから始まります。

それも長期戦になりますから、日々の不安、 気づかれは最大の敵となります。
手続きそのものも重要ですが、生活を乱さないように自己管理することも等しく重要なのです。 

私たちにできることは煩雑な手続きからの解放、すなわち膨大な手続きへの心的ストレスの解消と手続きにおける拘束時間の軽減です。
ご家族を失った悲しみを受け止め、新たな人生を歩んでいくのはみなさま自身でしかできないことなのですから。 


◆誇りをもって仕事をするということ

みなさまの悩みを聞き、解決へむけてのお手伝いをする。解決方法は幾通りにも枝分かれしており、先々にある多様な選択肢は複雑に絡み合っています。 

私たちはその中で最良のものを選び続けなくてはなりません。
それが私たちの仕事です。とても責任の重い仕事です。
重圧はありますが、そのことを誇りに思います。
私たちがみなさまに出会い、依頼内容はもちろん、その他の部分でも救われた、役に立ったと思っていただけることで、私たちの価値は決まるように思います。